住まいづくりのスケジュール

全体的な「住まいづくりのスケジュール」をつかみましょう。

STEP1:イメージ作り STEP2:資金計画 STEP3:依頼先選別 STEP4:プラン・見積もり相談 STEP5:契約 STEP6:着工 STEP7:上棟 STEP8:完成・入居

STEP1:イメージ作り

どんな家をつくろうか、家族みんなで要望や不満点を出し合い住まいのイメージを作ります。カタログを取り寄せたり、住宅展示場を訪問して実物大のカタログであるモデルハウスを比較検討するのも有効です。

工法について いろいろな工法の特徴を比較しよう住宅展示場案内 住宅展示場でモデルハウスを比較しよう

STEP2:資金計画

重要ポイント:当初の計画をしっかり立てる

収入と支出のバランスを考え、自分にあった無理のない計画を立てましょう。また本体工事費以外の諸経費、別途工事費がいくらくらいかかるのかも必ずチェックしておきましょう。家を建てる場合の基本は「どのような家を建てたいのか、そのために用意できる資金はいくらなのか」をはっきりさせておくことです。

資金計画 わかりやすく資金計画を解説します

STEP3:依頼先選別

重要ポイント:業者選びは慎重に行う

ハウスメーカー、工務店、建築家など様々な会社のメリットを検討した上で集めた情報を基に、依頼先を2~3社に絞ります。

依頼先の選び方 ハウスメーカー・工務店・建築家を比較しよう

STEP4:プラン・見積もり相談

依頼先に敷地調査、地盤調査を要請し、プラン・見積もりを提出してもらいます。土地が決まってなければ、依頼先に土地探しから協力してもらうか、不動産会社に相談してみます。尚、見積書は建築の全工程に対するもので、建築工事・設備工事・外構工事からなり、この見積もりに入ってないものは別途工事として明記されるのが普通です。工事一式いくらといった概算見積書だけでは不十分です。内訳明細書を作成してもらいましょう。

設計図面のツボ 設計図面を確認しよう家づくりと法律の関係 法規制について確認しよう住宅性能表示制度 住まいの安全を守る制度の利用を検討しよう住宅瑕疵担責任保険 住まいの安全を守る制度の利用を検討しよう

STEP5:契約

重要ポイント:契約は書面で行う

プラン、見積もり、対応などを厳しく比較検討し、依頼先を1社に絞り込みます。 その後、本見積もりをとり、プランを固め、設備仕様が決まると工事請負契約を結びます。

STEP6:着工

確認申請、地鎮祭を行って工事が始まります。建築主としてもできるだけ現場に赴き、工事の節目として建物の配置や基準高さの決定時、基礎配筋、柱梁の躯体部分や設備配管工事等(見えなくなる部分)の確認は、自ら行うことが大切です。

STEP7:上棟

重要ポイント:工事管理をしっかり行い、中間検査や完了検査を受ける

家の骨組みができあがり、上棟式をむかえます。

STEP8:完成・入居

工事担当者と施主の立会いのもと工事内容の最終確認(竣工検査)を経て鍵、保証書 と共に建物の引渡しを受けます。図面どおりに仕上がっているか、傷や汚れはないかな どリスト表を参考にチェックしてみましょう。

ページの先頭へ

Copyright(c) 2012 (財)大阪住宅センター All Rights Reserved.