現金取得者向け証明書

  • 現金取得者向け証明書とは、新築住宅を現金で取得する場合の「すまい給付金」の給付要件である、下記のいずれかの性能基準(フラット35Sと同等の基準)に適合していることを証明するものです。
    • ① 耐震性に優れた住宅(耐震等級2以上、又は免震建築物)
    • ② 省エネルギー性に優れた住宅(断熱等性能等級4、一次エネルギー消費量等級4以上)
    • ③ バリアフリー性に優れた住宅(高齢者等配慮対策等級3以上)
    • ④ 耐久性・可変性に優れた住宅(劣化対策等級3で、かつ維持管理対策等級2以上)
  • ※注意:「フラット35S適合証明書」を取得されている場合は、給付金申請で「適合証明書」を利用できるため、「現金取得者向け新築対象住宅証明書」は必要ありません。
現金取得者の給付要件は次のとおりです。
  • ・自らが居住すること
  • ・床面積が50㎡以上である住宅
  • ・工事中の検査により品質が確認された住宅(住宅瑕疵担保責任保険に加入、建設住宅性能表示制度を利用 等)
  • ・年齢50歳以上の者が取得する住宅
  • ・収入が一定額以下
  • ・(独)住宅金融支援機構のフラット35Sと同等の基準を満たす住宅
  •   詳しくは「すまい給付金」ホームページでご確認下さい。

業務内容

現金取得者向け新築対象住宅証明書の発行業務

業務区域

大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県の各全域

業務範囲

新築の一戸建住宅及び共同住宅

手数料(戸建住宅)

[1]一戸建ての住宅

(消費税を除く)

基    準 一    般 評価書等を活用する場合 ※1
① 耐震性に優れた住宅(耐震等級2以上、又は免震建築物) 30,000円 5,000円
② 省エネルギー性に優れた住宅
   ・断熱性能等級4
   ・一次エネルギー消費量等級4以上
 
20,000円
30,000円
 
5,000円
5,000円
③ バリアフリー性に優れた住宅(高齢者等配慮等級3以上) 20,000円 5,000円
④ 耐久性・可変性に優れた住宅(劣化等級3、維持管理等級2以上) 20,000円 5,000円

※1 当センターが発行した「設計住宅性能評価書」、「建設住宅性能評価書」、「長期優良住宅技術的審査適合書」、「贈与税の非課税措置に係る住宅性能証明書」で、該当する基準が確認できる場合です。

[2]共同住宅等、別途見積をいたします。

申請書類のダウンロード

一般財団法人 大阪住宅センターで申し込みに必要な書類のダウンロードができます。

ページの先頭へ

Copyright(c) 2012 (財)大阪住宅センター All Rights Reserved.