住宅性能評価

「住宅性能表示制度」それは安心をはかるものさしです

住まいの性能が等級や数値で表示されているのでわかりやすくて安心

  • 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(平成12年4月施行)に基づき、国に登録された住宅性能評価機関が共通のルールをもとに住宅の性能を評価する制度です。当財団は登録住宅性能評価機関として、平成12年から新築住宅の性能評価業務を実施しています。
  • ■業務区域
  • 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県の各全域

住宅性能表示制度の評価項目 クリックで表示

  • 地震などに対する強さ」「火災に対する安全性」「省エネルギー対策」など10分野の性能項目について、等級や数値で表示します。外見からは判断できない建物の性能の違いが、専門知識がなくても分かりやすく理解していただけます。
  • 1.構造の安定
    地震や強風、積雪などにどのくらい耐えられるのかを示すのが「構造の安定」。
    建物以外にも、地盤の強さ、基礎の万全さもチェックできます。

    2.火災時の安全
    自宅や近隣の火災から、どれだけ火に強くて避難しやすい住まいなのかを示す「火災時の安全」。外壁、床、窓などの耐火性、避難・脱出経路の安全性などが調べられます。

  • 3.劣化の軽減
    丈夫で長持ちする住まいのために、劣化対策がどのくらい手厚くされているのかを示したのが「劣化の軽減」。
    防腐・防蟻・防錆処理などの工夫レベルがわかります。

    4.維持管理への配慮
    給排水管やガス管のメンテナンスのしやすさを示した「維持管理への配慮」。
    日常の掃除、点検、補修が容易な住まいかどうかがチェックできます。

  • 5.温熱環境
    住まいの省エネルギー性能レベルを示す「温熱環境」。エネルギーを節約して、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせる環境への対策レベルがわかります。

    6.空気環境
    健康への影響を指摘されることの多いホルムアルデヒドへの対策を評価するのが「空気環境」。
    内装に使用される建材の選定、室内の換気対策がチェックできます。

  • 7.光・視環境
    明るい住まいのために、居室の窓の面積と、位置・方位についてどの程度配慮されているのかを示す「光・視環境」。
    ただし、窓が多いほど耐震性や省エネ性能が低下しがちなので要注意。

    8.音環境
    外部の騒音を防ぎ、中の騒音を漏らさない工夫がされているかを評価するのが「音環境」。共同住宅では、上下階との床や隣との壁に関して騒音を伝えにくくする対策が講じられているかも重要です。

  • 9.高齢者等への配慮
    住まいが将来にわたって安全・快適であるために、バリアフリー仕様の程度を示すのが「高齢者等への配慮」。移動時の安全性の確保と介助がしやすくするための工夫レベルがわかります。

    10.防犯
    外部開口部(ドアや窓など)について、防犯上有効な建物部品や雨戸等が設置されているかの侵入対策が講じられているかをチェックします。

評価協規約及び倫理憲章に基づく情報開示
評価協規約及び倫理憲章に基づく情報開示についてご確認ができます。
詳細を見る
住宅性能表示制度フローチャート
登録事業者である住宅メーカーや工務店、設計事務所に「住宅性能表示制度を利用したい」と伝えましょう。
詳細を見る
手数料
設計住宅性能評価・建設住宅性能
評価の料金についてご確認できます。
詳細を見る
申請書類のダウンロード
(財)大阪住宅センターで申し込みに必要な書類のダウンロードができます。
詳細を見る

お問い合わせ先

一般財団法人 大阪住宅センター 住宅性能評価窓口 06-6253-0238 〒542-0081大阪市中央区南船場4-4-3心斎橋東急ビル4F 分室 06-4790-9717 〒540-0012大阪市中央区谷町3-1-17高田屋大手前ビル2階(一般財団法人 大阪建築防災センター内)

ページの先頭へ

Copyright(c) 2012 (財)大阪住宅センター All Rights Reserved.